ブログ

ソーホースブラケットを使って作業台(テーブル)をつくろう!

DIYで作る作業台

ためしてDIYDIYで作る作業台

  ご無沙汰しております。かべがみ道場スタッフ/上野です。

  先日、「作業場で使う机が必要だゎ!」とのことで、店長がコソっと作業台を作ってました。

  ソーホースブラケットという金具を使って、チャチャっと作れるそうなので、

  本日はソーホースブラケットを使用した台の作り方をご紹介いたします。

  60分もあれば簡単に出来ちゃいますので、ぜひ簡易のテーブルや作業台に作ってみて下さい。

 

 ソーホースブラケットとは ?!

ソーホースブラケット

  ソーホースブラケットとは、2×4材(ツーバイフォー)を差し込んで、DIYの作業台や机など

  の台(ソーホース)を簡単に作ることのできる金具のことです。 

 

ソーホースブラケット2

  2×4材(ツーバイフォー)を差し込んでネジで止めるだけでOKです。

 

 

作業手順

DIY道具 丸ノコ ノコギリ

  左上から、脚の上に天板を支える長さ90㎝の2×4材(ツーバイフォー)が2本

  脚となる長さ77㎝の2×4材(ツーバイフォー)が8本

  ↑※店長の身長に合わせて高さ約85㎝になるように長さ77㎝にカットしています。

  左下の電動丸ノコor右下のノコギリで長さを合わせてカットします。

 

※ちょうどいい高さの測り方  

  通常のテーブルの高さで70㎝くらいがベストですが、今回は作業台なので80~85㎝程度が

  作業しやすい高さとなります。ちなみに通常のキッチンの高さですと、約80㎝程です。

  人によってちょうどいい高さがあると思います。すぐ分かる測り方を店長に聞いてみました!

  『真っ直ぐ立って気をつけの姿勢をしたときに、手の平を床と平行になるように直角に曲げ、

  天板が手の平に接する高さがBEST!』とのことでした。

  使いやすい高さを探してみてください!

 

DIY オイルステイン塗り

オイルステインを塗ります。 

DIY 木材乾燥

乾かします。

DIY 木材にドリルで下穴開け

  2×4材(ツーバイフォー)をソーホースブラケットに差し込み、木が割れないようにドリル

  で捨て穴をあけます。

DIY ビス止め

  ネジで止めます。

DIY ソーホースブラケット

  ソーホースブラケットを取り付けた脚を立たせます。

DIY ソーホースブラケット2

 

  90㎝の2×4材(ツーバイフォー)をブラケットの先端に挟みます。ブラケット先端にはツメ

  があるので、しっかり奥まで挟み込みます。

DIY 作業台完成

  上にコンパネを乗せれば出来上がりです。

DIY 作業台 脚

  使わない時は、コンパクトにたたむことができます。

 

 

  以上、本当に超簡単に作れちゃう作業台(テーブル)の作り方でした!

  テーブルの他にも、ベンチにしても面白いし、キャンプやバーベキューなどの作業台にも

  使えていいですね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る